企業側が求人を出すときに気をつけること

-

-

 企業側が求人を出すとき、気をつけなければならないことがいくつかあります。

いくら、条件の良い魅力的な求人であったとしても、その求人がきちんと閲覧者に読まれなければ、なかなか就職希望者は集まりません。

そのくらい、どんな求人にするかということは大事です。

 まず、最初に挙げるのが、情報量を多くし過ぎないということです。

求人の情報がビッシリと文字で埋め尽くされていると、それだけで閲覧者は嫌気がさして、まともに読まない可能性があります。

ですので、文字と写真やイラストのバランスが考えられた求人が良い求人です。

 そして、次に求人のタイトルも意外と重要です。

ただ「募集」とだけ書くのではなく、何を募集しているのか、どんな仕事を募集しているのかということを、はっきりわかるタイトルにするべきです。

 最後に待遇面など、絶対に書かなければいけないことはしっかり明記するということです。

給料や休日や就業時間などは、求職者が絶対知りたい項目ですので、抜けがあってはならないのです。

 これらのことがきちんと守られている求人が、応募の殺到する良い求人なのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.homelessdance.com All Rights Reserved.